自閉症、知的障害のある子は保育園?幼稚園?

全国的に待機児童問題が尽きない昨今、我が子を保育園に入れようか、幼稚園に入れようか迷うというのもおかしな話かもしれません。

うちの子は自閉症で、知的障害を併せ持っています。

自閉症と一口で言ってもさまざまなタイプがいるので、「うちの子の場合は」という注釈付きですが、

うちの子は、団体行動をとれません。最初は人に対する興味が極端に薄かったせいのようです。

そして、超多動。ハハの言葉も耳に入らず、一歩外に出たらどこへでも飛び出し走り続けるので、買い物でも散歩でも常に命がけでした(T-T)

スポンサーリンク

就学の前に、集団生活をさせたい

そんな息子も小学校に上がる日がきます。

その時に初めて集団生活、集団行動をしなければならないという事態を避けるためにも、入学前に集団生活を経験させてあげたい。

集団生活の前の小集団生活として、療育施設の母子教室、母子分離教室と通っていました。

こちらは一クラス7~8人だったと思います。小人数グループでの活動でも、ひとりだけ輪から離れ、歌や挨拶に参加せず、人一倍先生の手をかけさせてしまいました。

そんな息子だからこそ、「保育園の方がいいかも」という療育施設の担任の話で、ボンズを保育園に入れたいと思うようになりました。

ですが、だからと言って入れるわけではないのが、保育園というところです。

加えて、下の子チビスケがいることや、「幼稚園でもいけるのでは?」というハハの思いが、私を混乱と葛藤の日々へと突き落としました…。

自閉症児に保育園がいいというメリットとは

ボンズが「保育園の方がいい」と言われたのは、自閉症児であるが故の「見通しの付けやすさ」と「行事の少なさ」、そして加配付きで入園するという条件がついてくるのであればということです。

  1. 保護者に代わって養育をするのが保育園なので、日々の過ごし方に変化が少なく、自閉っ子に見通しがつきやすい
  2. 運動会と発表会、遠足くらいしか大きな行事がない
  3. トイレトレーニング、着替えや食事など、身辺自立を目的とした生活ができる
  4. 障害児枠と加配付き

あくまでも、うちの子の場合で、我が家の考え方ではありますが、

行事が少なく、毎日トイレに行って、散歩して、手洗いして、遊んで、手洗い、トイレ、お昼を食べて…と、一定のリズムで過ごさせてくれる保育園で生活できることは、慣れるのが早いのではないかと思えました。

そして、日中の保育に欠ける子どもが通うのが保育園ですから、大きな行事も少なく、親の出番が(幼稚園に比べて)とても少ないです。

ボンズが療育施設を卒業し、春から所属する場所がない…と就園先を見つけていた4才児現在オムツが取れる気配もなく、意思の疎通も難しく、食べ物も手づかみ食べで、集団生活なんてとんでもない!という状態だったのですが、そんな息子だからこそ、保育園という落ち着きと手厚さ(一クラスの子どもの数も少なかった)はとても魅力的でした。

保育園を選ぶデメリットとは

くり返しになりますが、日中保育に欠ける子どもが行けるのが保育園。

そもそも、幼稚園とどちらにしようか選ぶのもおかしな話なのですが、自閉っ子の我が子が小学校に上がる前に、ある程度の集団生活を経験させたくて悩みました。

入りたくても入れないこの時代に、こんなことを数え上げるのもおこがましいですが、我が家の場合、保育園に入れたくないデメリットもありました。

  1. ハハが就労していない、就労の予定もなかった
  2. ボンズが集団生活をしている間、弟チビスケと二人きりの時間を持ちたかった
  3. 送迎がある
  4. お昼寝できるかわからないので、お昼で返される可能性を告げられていた

この状況で就活もできないし、雇ってくれるところも…。

なにより、自分自身が生活にいっぱいいっぱいで、就労については考えていませんでした。

そして、ボンズの下に弟がいて、ボンズがどこかの集団生活をしている間、下の子孝行をしたいなと思っていました。

保育園という特性上、そうなると2人まとめて入園ということになるので、そこも悩みどころでした。

幼稚園を選ぶメリットは?

保育園を第一志望としながらも、幼稚園も見学をしていました。

私立の幼稚園でしたら、ある意味どこへでも入園できる状況にはありました。

  1. 親の就労という条件がない
  2. 往復の送迎がある
  3. チビスケとの時間が持てるし、プレに入れたら念願のおひとりさまも可能

年少より前の年、そして年少さんの年に見学などをしましたが、どこでも歓迎状態でした。

ただ、その後ボンズの特性や、望む支援が明確になると、幼稚園の探し方も変わっていきました。

幼稚園を選ぶデメリット

保育園と違い、望めば望むところに入園はできる地域におりましたので、どうしても入学前にどこかの集団に所属したかったら、可能ではありました。

ただ、我が家なりの不安要素というか、希望はありました。

  1. 行事が多く、ボンズの場合落ち着いて過ごすのが難しい恐れがある
  2. 覚えなきゃいけない、やらなきゃいけないことが多い(楽器やお祈りなど)
  3. 加配付きの幼稚園が少ない

ボンズは多動があり、その場にいなきゃいけない時にその場にいるということが難しかったので、誤学習させずに就学を迎えるために加配付きであることを望んでいました。

そうなると、なかなか希望する幼稚園は見つからず、あったとしても、いっぱいで入れない恐れもありました。

自閉っ子には保育園?幼稚園?まとめ

結論としては、その子によって…なのですが(^^;

ボンズは結局保育園に通い、定型発達の子たちとの生活を楽しみ、そのまま地域の小学校の支援級に入学しました。

幼稚園や保育園の見学、問い合わせなどを数多くくり返しましたが、やっぱり保育園に入園できることそのものも大変だし、加配付きのところで、希望の保育をしていただけるかどうかもいろいろです。

ただ、幼稚園でも、加配付きのところがあると聞きます。

それがマンツーマンなのか、数人に1人の割合なのか、ほとんど副担任みたいな立場なのかはまたそれぞれですが、発達障害に理解を示してくれる園が増えたなと思います。

人間同士の付き合いなので、雰囲気に合う、合わないは当然あると思います。

あれこれ悩んだら、かたっぱしから見学がいいかもしれません。

その先には「勉強をする」集団生活、小学校が待ち構えていますので、親としてその後の生活がイメージできるのでは?と思います。

0